新大型免許について

大型免許(一種)とは・・・

大型免許を教習所で受けるメリット

トラックやダンプかー、タンクローリーなどの乗車定員30名以上で最大積載量6.5トン以上の車を運転するには大型一種免許が必要になります。(タンクローリー車のタンクの積載物によっては、「危険物取扱者」の資格が必要になる場合があります。)
法改正施行以前は教習所内での検定でしたが、路上検定がおこなわれるようになりました。
大きな車両による交通事故が多発していますので、大型免許を運転される際はさらに安全運転を心がけてくださいね。

大型免許(一種)の入校資格

年齢制限
満21歳以上
取得条件
普通車免許または、中型免許か大型特殊免許を取得していてその免許経歴(免許停止期間を除く)が通算3年以上の方
身体条件
視力 両眼0.8以上、片眼0.5以上(眼鏡、コンタクトレンズ使用可)。
深視力検査で誤差が平均2センチメートル以下であること。
色彩識別 交通信号機の色の識別が出来ること。
聴力 10mの距離で、90dbの警音器の音が聞こえること(補聴器により補われた聴力を含む)。
身体 自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと。
その他 身体に障害をお持ちの方は、事前に各都道府県の運転免許試験場(運転適性相談窓口)にて、適性相談をお受けください。

←コラム一覧へ戻る

ページTOPへ